ごあいさつ Message

message_1.jpg message.gif

ラ・ピニヨンは、平成3年に生まれた洋菓子店です。
オープン以来、旬の素材や低脂肪のクリームなどを使用した
飽きの来ない味として、地元で愛され続けています。
店名は、松の木から松の種子である松の実を思いつき、
それをフランス語にしたものです。
「名は体を表す」と言われるように、「名は店を表す」のでしょうか。
松の実が種皮のなかで育ち、発芽しておいしい実となるように、
ラ・ピニヨンも小さな店舗から少しずつ育ち、
長い時間をかけて大きな店舗へと生まれ変わりました。
店の大きさが変わっても、お客様への想いは変わりません。
お客様が何回も食べたくなるような味を提供できるよう、
新商品の開発も活発に行っています。
お客様に楽しんでもらえるような洋菓子店を目指して。